空色ノート

中小路昌和のBLOGです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

-らぶれた-  

突然こんな手紙を出してごめんなさい。とても驚いたと思います。

貴女は僕を知らないと思いますが、僕は貴女をよく知っています。

朝食の献立からスリーサイズまで、知らないことなどありません。

大切なことは直接伝えたかったので何度も電話しました。

でもシャイな僕は無言で切ってしまいました。何度も何度も。

恥ずかしがり屋の僕を許して下さい。

貴女の気持ちは分かっています。

いつも僕を探してキョロキョロと視線を周囲に泳がせていますね。

特に夜道は気になるのかスキンヘッドの男子と僕を探してました。

あの男性は貴女にとって良くありません。

僕が削除しておきました。

気持ちが分かっている貴女にこんな手紙は野暮というものですが。

女なんてナスでも突っ込んどけばイチコロでござる、なのですが。

改めて。

僕は貴女が好きです。

僕が貴女を好きになったあの日の出来事を少し話させてください。

桜が満開のあの季節。

一人ぼっちで花見をしていた僕に貴女は声をかけてくれましたね。

数人連れで。

あんなに大勢の人に大きな声で呼びかけられ。

痛いくらいのスキンシップを浴びせられたのは生まれて初めてで。

涙が出ました。痛いのか嬉しいのか分からない大粒の涙でしたよ。

半年入院しました。

入院生活の中で貴女を思わない日はありませんでした。

来る日も来る日も貴女の事を考えて、あることに気付いたのです。

貴女も恥ずかしかったのだ、と。

だからあんなに大勢で僕の事を。

退院後、貴女を毎日探しました。

でもなかなか見つからない日々。

ふと立ち寄った公園で、貴女を見つけた時は、思わず隠れました。

貴女はあの日の僕にしたように見知らぬ男と激しいスキンシップ。

嫉妬してしまいました。

あの男も削除しました。

貴女が寄ってたかって愛した男。

伊藤という名前だそうで。最後の言葉は「高い声出てもた」です。

それからです。貴女を毎日見守るようになったのは。

僕は貴女が好きです。

たとえ貴女が、戦国武将、武田信玄にソックリでも。

明日八時、カナダのバンクーバー空港で待ってます。

今からすぐ出れば間に合いますから安心して下さい。

一緒に高跳びしましょう。二人の未来、光射す方へ。

P.S /

あの日、貴女が僕から奪った七万ニ千円もちゃんと持ってきてね。
スポンサーサイト

Posted on 2012/04/16 Mon. 16:25 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spiraljap.blog61.fc2.com/tb.php/584-6ef7c4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。