空色ノート

中小路昌和のBLOGです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

‐戦うなら‐  

若い人たちは色んな不満があると思うんですよ。

社会や倫理、価値観、大人。

戦うべきだと思うんですよ。

ただ、一つだけ間違えないでほしいな。

その戦いレボリューションか。

それともレジスタンスなのか。

戦いはルールに則らなければ勝利は得られない。

動機が幾ら純粋なる正義でも。

幾ら戦術的な勝利を重ねても。

コンセンサスを得られない戦いの結末は敗北だ。

大人は汚いんじゃない。

勝つために必死なんだ。

意思を強く持って生きなさい。

意思の弱い人間は必ず裏切る。

曲がってもいい。

ただ絶対に折れないでいただきたいと願います。

戦うと決めたら。

一路、勝利に邁進してください。振り返らずに。

保証書付きの夢などないです。

スポンサーサイト

Posted on 2012/10/04 Thu. 02:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

戦いに勝つ事だけが勝利とは限らないんじゃないかなと思います。負けてこそ、得られるモノもあると思うし、勝つ事だけに固執するのもナンセンスな気がします。勝つに越したことはないけど、何に対しても、戦う姿勢とか、そこにいきつくまでの過程とかプロセスが大切かなっと。意固地になり過ぎず、屈しない折れない想いを持って生きたいなと思いました。
論点とずれてしまったコメントですいません(>。<)

URL | あかね #-
2012/10/04 21:44 | edit

おっしゃる通りだと思いますよ~

結果はあくまで一時的なものでしかないことが多いですから。生き死にが懸からない限り。もしかしたらそれすらも一時的なものかも。

要は意思さえ折れなければ、幾らでも再戦は可能なわけです。僕もプロセスは大切にしますが、最初から「ダメでも仕方ない」では勝てるもんも勝てないのでは?と思うんです。

戦う意思をなくした精神的な死が一番恐ろしいことかな、と。

URL | こーじ #-
2012/10/04 23:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spiraljap.blog61.fc2.com/tb.php/984-8afb506a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。