空色ノート

中小路昌和のBLOGです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

‐奇跡‐  

人は自らが生きてきた中での経験や価値観で物事を考える。

俺も勿論そう。

今日は俺なりの奇跡の起こしかたを書いてみます。

俺は長くこの世界にいるから、時折昔話が混じる。

俺らん時はこうだった。

若手の頃は嫌でね。そういう先輩が(笑)

知ったことじゃねー!次は俺らの時代だっ!強く思ってた。

現在の京都のシーンは、伊藤達の世代辺りが中心だと思う。

年齢、キャリア共にそういう時期。

俺らの時代は終わってる。

つーか殆ど残ってないし。

今はリーダー不必要の時代なのかもしれない。

少なくとも俺らの世代とは空気が全然違うよ。

良く言えば、群れない。自我が確立されてる。

悪く言えば、結束ができない。仲間がいない。

どちらが正しいかは分からないし、どっちでもいいと思う。

暑苦しいのはごめんだ。うん、そうかもだね。

だから俺はこうだったっていうのを書きます。

俺は俺の上の世代のやり方に強烈な反発心を持ってました。

何かあると怒鳴られ、殴られる。

打ち上げでサラダしか食えない。

あり得ないノルマを課せられる。

話を聞く時は常に直立不動(笑)

そういう抑えつけられた感覚の中で、独立心が芽生えてさ。

価値観を共有する仲間を少しずつ増やしていった。

新しい時代は俺達が作るんだって燃えてた。

勿論、揉めた。足並みだって揃わない。生傷だらけの日々。

その中で頭角を現すことに成功し、イベントを立ち上げる。

それがナッシングだった。

ナッシングは人を得てた。

野心のあるバンドが次々に現れ、凌ぎを削った。

生々しい競争の中で、何故か俺らは結束できた。

理想を語ったから。

京都を盛り上げる。ナッシングからメジャーバンドを生む。

馬鹿だったの(笑)

本当に出来ると信じてた。みんな信じてた。

そして、信じる力は幾つかの奇跡を生んだ。

だからといってずっと一緒にはいられない。

それぞれが学んだノウハウで、俺らは別々の道を歩いたの。

俺は東京に視点を置いてメジャーを目指し。

夢破れて、ジャップを活休。

空色ノートを結成し、改めて地元を見た時。

俺の回りにワンマンやれる奴はいなかった。

地元じゃ抜かれてると思ってたし。

彼ら中心のコミュニティがあるもんだと思ってた。

けど、みんなバラバラだった(笑)

突出したリーダーシップを発揮するバンドは不在。

動員始め様々な要素で、まだかつての仲間に抜かれてない。

キタキタ。そう思った。

それならワンマンを目標に活動することは低い目標やない。

戦う価値がある。

戦いの基本は、相手を設定し、狙いを定めること。

常に相手を狙える立場に自分を置く。

誰もやらないなら、また俺がやってやる。人を集めてやる。

そのためには、空色ノートだ。

まずこのメンバーから信用を得なければ。

俺は理想を語ろう。

理想を語らない説教みたいな現実に人なんて集まるもんか。

まずは奇跡を信じさせよう。

誰一人一ミリも奇跡を疑わないバンドにしよう。

そんな誰一人欠けることない信じる気持ちが奇跡を起こす。
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/06 Fri. 02:16 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

コメント

昔は凄まじかったんですね(>_<)バリバリの体育会系ぢゃないですか!!白くても黒と言えと言われれば、黒って言わないといけない…みたいな(@_@)
そうだったから、「今」のこうじさんがあるんですね☆
私もその奇跡、信じてますよ(^3^)/

URL | あかね #-
2012/01/07 21:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://spiraljap.blog61.fc2.com/tb.php/99-7312c23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。